ラフティングで環境活動

私たちはラフティングを通じて環境活動に貢献しています。

自然の中で毎日ラフティングを運営しながら働いている私たちは、何か自然に恩返しができないかと考えています。その環境活動の1例をここで紹介させていただきました。


知人より、淀川でウォーターレタスと呼ばれる外来種の植物が自然環境を壊しているので駆除に関して手伝っていただけないかとご相談いただきました。

big smile 001.jpg(9780 byte)

淀川といえば、私たちの下る保津川の下流、、、もちろん協力させていただきました。
当社スタッフ5名程度と知人とで、淀川の流れの止まったワンドと呼ばれる部分に溜まったウォーターレタスを除去します。
今回の大きな目的は、単に除去することではなく、除去の方法を見つけることでした。

とはいえ、除去の方法については、知人に任せちゃいましょう。私たちは水面にラフティングボートを浮かべていろいろな方法でウォーターレタスを除去していきます。

ウォーターレタスって

big smile 003.jpg(13381 byte)

こんな感じの植物です。

水面をびっしり、そのため水面下に光がささず、固有の動植物の環境が極めて悪化するようです。

big smile 004.jpg(13027 byte)

下は、こんな感じです。



回収方法は?

big smile 009.jpg(12603 byte) big smile 006.jpg(14751 byte) big smile 008.jpg(14124 byte)

回収は、左の写真のように、ボートでよせたり、陸に引き上げたり、ボートの上に直引き上げしたりしています。
引き上げたウォーターレタスを官公庁に持っていっていただけました。

感想

まぁ、方法は・・・重機で「どっかぁん」ってやった方が効果的でしたねぇ。
ボートもどろどろになったけど、いろいろと勉強になりました。例えここで結果を出せなくとも、この第一歩が今後の環境へと役立っていくことを願っています。

トップへ