ホール

上からみたホールの形状


ホールを上からみた形状は岩の形により、いろいろな形状をしています。
ほとんどが、「スマイリーホール」「ブラウニーホール」「ローヘッドダム」もしくはその3つの組み合わせでできています。
ここでは、それらについて説明していきます。



スマイリーホール

smily.jpg(10496 byte)

左の図を見てみてください。
上流から見て、ちょうど笑顔のようになった形のホールをスマイリーホールと呼びます。 そのホールの形状的に中心部は強いホールとなりますが、流れは両側へと押し出されるため、ホールに捕まったとしても流れ出やすい形です。 このような形のホールを通常「スマイリーホール」と呼びます。



ブラウニーホール

browny.jpg(13732 byte)

左の図を見てみてください。
上流から見て、ちょうど怒った口のようになった形のホールをブラウニーホールと呼びます。 ホールの形状上、ホールの中心へと流されます。また、中心部の方がバックウォッシュが強く、ホールから脱出しにくい形状です。 このような形のホールを通常「ブラウニーホール」と呼びます。



ローヘッドダム

rowheaddam.jpg(15384 byte)

左の図を見てみてください。
人工物などで、川と垂直に1直線状(幾何学的に)にできたホールをローヘッドダム(堰堤)ホールと呼びます。 ホールの形状上、バックウォッシュは全て均等に流れ、脱出場所がありません。 このローヘッドダムは、川で危険なものの一つです。




トップへ